FC2ブログ
クワトロママの子育てキッチン 
4人のこどもの母が書きとめる子育て日記。小さいころから一緒に料理をしてたら、今や誰でもなんでもちゃちゃっと作る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
スペイン語がわかっていく
普段、ヒッポで音の環境として、いろいろな国の言語CDを流している。

でも聞いているだけでは、絶対に話せるようにならない。
言葉は相手がいて初めて使えるコミュニケーションツールだから。
たくさん流し聞いていれば耳には残るけど、意味がよくわからないから、うまく使えない。

でも、今回のメキシコの18歳の子の受入れで、私の脳内はおもしろいことが起きている。
メキシコの子と娘が会話をしているときの音
ヒッポのストーリーCDの音
誰かのホームステイの帰国話・・・etc

どこかで聞いた音が、自分が話すのに必要な時に、これかな?って感じで浮かんでくる。
通じたり通じなかったりだけど、今まで意味が分からなかったものが、突然意味のついた生きた言葉になっている。
意味を調べたりしないのに、わかっていく。

1時間て言いたいとき、脳内が忙しい。なんて言えばいいんだ?????
「uno・・・?」
誰かが言っていた「ウナ オラ」が浮かんだ。きっとこれに違いない。
使ってみるとばっちり。
「ウナ オラ」がわかったら、次に浮かんだのは「メセス」「ミヌートス」
時間系がわかってきた。

同じようにメキシコの子は、日本語を話せるようになっていく。
お互いに想像しながら、質問しながら、わかっていく。
それがすごく面白い。
当然若者ことばもget。

日本に来て驚いたことは?
「全部」
「たとえば?」
「トイレにボタンがいっぱい」
「メトロに乗ったら、みんながすごく静か。メキシコはみんなが喋っているのが普通。」
「メトロの中でPCをやっている。メキシコは音楽を聞いているのは普通だけど、ノートパソコンは信じられない。降りてから追いかけられて、盗られるのが普通。」

なるほど…言われるとその通りだと思う。
受入れをすると、改めて日本が見えてくる。これがまたおもしろい。


スポンサーサイト
[2013/07/09 18:58] | 子育てライフ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ブログに励まされる時があるんだよ | ホーム | はじめのいっぽクラス 4回コース終了>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tanakarabotamoti515.blog.fc2.com/tb.php/108-9806be10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カテゴリ

プロフィール

ゆーみんこ

Author:ゆーみんこ
4人のこどもがいて、今は子育て楽しいと思えるけど、一人目の時は本当に大変だった。わからないことだらけ。
先輩ママの一言に助けられて、なんとか長男が二十歳、末っ子が13歳。母親の私も、親として成人できたかな?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。