子育てキッチン 
4人のこどもの母が書きとめる子育て日記。小さいころから一緒に料理をしてたら、今やすごいことに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
25年かけて戻ってきた
知人からの
「日本の子どもの貧困て知ってる?
そういう子どもや親子に子育てkitchenが届くといいのに。助成金とか申請しないの?」

確かに。一番緊急性がある人たちだ。

どうやったら広がっていくかを考えてはいたけど、そこに及んでなかった。
私の気持ちがうずく。

なぜなら、私は中学生の時から仕事は福祉に関わりたいと言い続けていた人なのだ。
その人自身がなりたくてなったわけではないのに、そこでされる差別が気になって仕方なかった。
就職を決める頃、若さゆえのいろいろな行き違いから疲れてしまい、悩んでいたら母が
「福祉はいくつになってもできるけど、会社勤めは若いうちしか雇ってもらえないよ」
との一言で、一般企業に就職。

そして結婚、子育ては振り返れば、がむしゃら期間。

だいぶ落ち着いた今、自分にできることは何か?と子育てkitchenを始めたのだ。

子育てkitchenが世の中でできることは?
無理なく続けるためには?
将来子育てkitchenは、会社なのか?NPOなのか?

この1週間、ちょっとだけ視野の角度が広がった。
スポンサーサイト
[2015/02/23 19:12] | 子育てライフ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
カテゴリ

プロフィール

ゆーみんこ

Author:ゆーみんこ
4人のこどもがいて、今は子育て楽しいと思えるけど、一人目の時は本当に大変だった。わからないことだらけ。
先輩ママの一言に助けられて、なんとか長男が二十歳、末っ子が13歳。母親の私も、親として成人できたかな?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。