子育てキッチン 
4人のこどもの母が書きとめる子育て日記。小さいころから一緒に料理をしてたら、今やすごいことに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
最終プレゼン
昨日は、文京アクションラーニングの最終日。
区長の前でプレゼンをする日でした。

べたで作るのが精いっぱいだった私のプレゼン資料とチラシを、
一人のメンバーが夜中までかかって、とってもかわいいものに仕上げてくれました。

親子の「子育てキッチン」は、暖かい色がいいと思って・・・と、かわいいイラストがたっぷり入っているんです。
ここでシェアをしたいくらいかわいい。

持ち時間は7分。
伝えたい思いはたくさん。

子育てストレスの解消
台所育児 の二つは必須。そこに自分の思いを載せていくにはかなりタイトな時間。
3人で、どこを絞ればいいかをぎりぎりまで話し合って、なんとか7分以内に入りました!!

トップバッターで緊張したけど、トップだからこそ4人の方からコメントを頂けて(だんだん時間が押してきたので、その後は二人だった)一番お得だったかも(^^)

孫泰蔵さん(ソフトバンク社長の弟さん)から、「ここまで動き出すと、次に出てくることは、ユーザーが納得できる対価への細かい調整・・・」
成澤区長からは「辛口意見で言わせてもらうと、ここに父親が入っていない。父親の参加もほしい・・・」
こういう言い方ではなかったんだけど…再現ができない(涙)
eticの宮城代表からは今後のことを。東大の各務先生からもメッセージが。

考えてばかりではなく
行動(プレ教室の実施)
検証(左利きの子には、教える人も左で説明しないとわからない。母親の反応に対する対応とか)
改善
をすでにやっているところは、皆さんに褒めてもらいました。

プレ教室をやってみて、問題も見えたので
だからこそプログラムが具体的になってきました。

そうなると自分も楽しいし、いよいよ始まることに気持ちが引き締まりました。

26日の分はボランティア保険もかけたし、準備は着々。
そろそろ母子手帳の親子料理教室版≪子育てキッチン手帳≫の準備もしなくちゃ♪♪







スポンサーサイト
[2013/03/17 08:11] | 文京アクションラーニング | トラックバック(0) | コメント(0) |
文京アクションラーニング
昨日の夕方、文京アクションラーニングの一環で、eticさんに面談に行き、16日のプレゼンのことを話していました。

少し時間が残ったので、今作っている「子育て(おやこ?)キッチン」お知らせを見せると、

「申し込み方法とかは、小さくても大丈夫。必要なら探すから。

人は、何をやらされるかが見えないと、怖くて申し込みを入れられない。

だから、やる内容を目で見えるようにしたほうがいい。」と言われました。


確かにそうだわ。。。目からうろこ

だけど、私が作るとどうして文字ばかりの表記になってしうのが難点

[2013/03/06 16:50] | 文京アクションラーニング | トラックバック(0) | コメント(0) |
文京アクションラーニングプログラム
知人に勧められて、参加した文京アクションラーニングプログラム。私がエントリーしたのは「親子料理教室」

子育てが大変だった一人目。悩みを解消するのは、先輩ママのちょっとした一言。

「親子料理教室」では、ママの悩みを聞く時間があったり、「食」は一生ものだから、こどもにも体験してできるようになったら、後々自信になるから、たくさんお手伝いをしたり自分で作ってほしい。

私はこどものころから、火や包丁を使わせてもらっていた。小学校入学と同時だったように思う。

共働きで忙しいから、まだ電子レンジも普及していない時代、学校から帰宅して、温かいご飯を食べてほしいという母の思いから、火を使う便利さと、危険さを教えてくれたのだ。

そのころからは、お米を研ぐのは自分の仕事。

ある日、面倒くさくて米とぎをしておかなかったら、帰宅してすぐにご飯にならず、家族に迷惑をかけたことがあった。

その時、小さい自分でさえ、役割がある。家族に必要とされている一員なんだと、認識した。

それは、「しっかりしなきゃ」という思いになり、必要と思えば、買い物もするようになった。

この体験が、小さい子でも、いろいろなことができる!!!やれば『自信』がつく!!!ことを確信させた。


自分が母親になって、子育て中心配で任せられない時もあり、あの時の母の決断した潔さを、いつも見習いたいと思う。
[2013/02/26 10:33] | 文京アクションラーニング | トラックバック(0) | コメント(2) |
文京アクションラーニング
去年続いた 赤ちゃんやこどもの虐待のニュースを聞くたびに、心が痛かった。

そうしちゃう気持ちがわかる。

今でこそ、うちの子4人も大きくなって、子育ても楽しいって言えるけど、一人目の時にはそんなこと思えなかった。

毎日毎日、いろいろやってみても泣きやまないこどもに疲れ、このままこの子を下に落としたら、どうなるかな・・・
って、頭がよぎったことも。

幸い私は恵まれていて、

泣きやまなくて途方に暮れていると、
赤ちゃんは泣くのが仕事なんだから、泣かせておいても大丈夫。』
食べないで心配していると、
一日くらい食べなくても死なないから。お腹がすいたら絶対に食べるから
何度かある反抗期には、
反抗期が来てよかったね。成長している証。ずっとこなくて30歳になって反抗されても困るでしょう

たった一言で、自分の視点が広がって、大したことじゃないと思えた。

そうやって、身近に言ってくれる人がいるだけで、だいぶストレスが軽減されるだろうな~。

今度は、自分が言ってあげる側の人になりたい。 そう思ったのが10月。

この関連で起業をしよう!と思った。


そう思っていた矢先、文京区で主催していた「文京まちづくりMT」で出会った人から

「文京区と東京大学がコラボした『社会起業家育成アクションラーニング・プログラム導入編』

http://www.etic.or.jp/kigyo_alp/があるよ。エントリーは明日までだけど、よかったらエントリーしてみたら?」と声をかけられたのがきっかけで応募。

導入編を経て、実践編にもエントリー。見事に10人の中に採用されて、今日2回目の中間報告MTを終えました。

漠然としていた内容が、どんどんクリアーになっていくのが楽しい。

次回は3月16日 区長の前でプレゼンです。

[2013/02/24 23:17] | 文京アクションラーニング | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
カテゴリ

プロフィール

ゆーみんこ

Author:ゆーみんこ
4人のこどもがいて、今は子育て楽しいと思えるけど、一人目の時は本当に大変だった。わからないことだらけ。
先輩ママの一言に助けられて、なんとか長男が二十歳、末っ子が13歳。母親の私も、親として成人できたかな?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。